top of page

危機的出血と大量自己血輸血

更新日:2023年8月17日

手術をすれば少なからず出血はつきものです。それが制御できないものだとしたら、皆様はどうされますか?もしその患者が大型犬だとしたら、それを賄うための輸血用血液を用意するのはなかなか困難です。また、大量輸血にはそれなりの副作用が伴います。

今回の論文は、手術中に血管を損傷したことによる大出血を自己血大量輸血とダメージコントロールサージェリーで乗り越えた症例に関するものです。紹介されている方法は、投与法として理想的ではありませんが、緊急時には命を救う手助けになるかもしれません。

(担当:吉田、瀬川、呰上)


大量自己血輸血とダメージコントロールサージェリーにより危機的出血から脱却した犬の一例


著者:Ghosal RDK, Bos A.

掲載誌:J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2019 Jul;29(4):439-443. PMID:31228336

目的:整形外科手術中に直面した末梢血管からの危機的出血に対して血球洗浄や抗凝固処理をせず、非滅菌下で大量自己血輸血を行った犬の一例を報告する。また、ダメージコントロールサージェリーも同時に実施した。

症例:6歳齢、48kgのラブラドールレトリバー、去勢雄。大腿骨頭および骨頸部切除術の際に大血管を損傷し大量出血が生じた。その際、清潔だが滅菌されていないサクションのボトルから血液を回収して凝固塊を取り除き、フィルター付きの輸血用ラインにてそのまま返血した。結果的に総血液量の約58%を2時間以内に自己血輸血した為、大量輸血の基準に達した。なお、手術自体は損傷した血管を結紮し、術野をパッキングした後に一度中止した。

術後、血液凝固異常が生じた為、2単位の新鮮凍結血漿を投与した。なお、ヘモグロビン尿が認められたものの、18時間以内に改善した。初回の手術から3日後、再手術を行い無事に終えることができ、その翌日に退院した。患肢には顕著な浮腫が見られたが、6日後には改善し、それ以外の重篤な合併症は起こらなかった。

考察:本症例では、血球洗浄や抗凝固処理を行わず、非滅菌下で回収した血液を自己血輸血して危機的出血を乗り越えることができた。今回の処置は決して理想的とは言えないが、目の前で大量出血を起こした症例に対するこのような自己血輸血は、救命救急の一助となる可能性が示唆された。また、本症例では同時にダメージコントロールサージェリーを行ったことも注目すべき点と捉えている。

閲覧数:296回1件のコメント

最新記事

すべて表示

クロスマッチとクームス血清

獣医療で一般的に行われているクロスマッチは、主にIgMによる不適合輸血を防ぐ目的で行われています。一方、医療ではIgGによる不適合輸血を回避する目的で、クームス血清を用いて検査感度を高めた「間接抗グロブリン試験」もあわせて実施しています。なぜクームス血清を用いるかは皆さまご存じのことと思われますが、IgG単体では赤血球凝集を引き起こすことができない=クロスマッチで検出できないとされているからです。

猫にもボンベイ型?

今回ご紹介する論文は猫の血液型に関するものですが、かなりマニアックな内容となっています。まずは猫の血液型についておさらいしましょう。血液型は通常、赤血球膜上の抗原の種類によって血液型が決定します。猫の場合、赤血球膜上にA抗原があればA型、B抗原があればB型、A抗原とB抗原両方あればAB型となります。しかし今回論文で紹介されている猫の症例は、人間のO型のようにA抗原やB抗原が検出されなかったというの

猫の血液と微小凝集塊除去フィルター

犬に輸血を行う場合、ある程度の輸血量になることが多いので血液バッグ+輸血セットの組み合わせになることが多いと思います。この輸血セットには点滴筒の上部に直径175-210μm(テルフュージョン®の場合)のろ過網が付いていて、比較的大きな凝集塊を除去する目的で使用されます。 一方、猫に輸血を行う場合は輸血量が50mL程度と少ないことがほとんどなので、採血した血液を分離バッグなどに移して輸血を行うか、シ

bottom of page