第7回学術講習会 症例発表会 演題募集のお知らせ

このたび当研究会の学術講習会のプログラムのひとつとして、輸血合併症に関する症例発表会を開催する運びとなりました。

 

◎日本獣医輸血研究会 第7回学術講習会(仮)
とき: 2022年12月4日(日)13時〜18時
ところ: 東京農工大学

現時点では対面式およびWeb配信(後日配信)のハイブリッド方式での開催を予定しております。
(新型コロナウイルス感染症などの社会情勢において変更となる場合もございます)

講習会プログラムのうち、16時〜18時(予定)に、『症例検討会〜輸血合併症〜』と題し、輸血合併症に関して1題あたり20分ずつ、計4名(4題)の方に発表していただき、その後、各発表者の方と座長にて総合討論会(30分)を行う予定です。座長は当研究会運営委員が務める予定です。

 

会員の皆様におかれましては、ぜひこの機会に、輸血を行った際に遭遇した輸血合併症や、輸血・献血に関するトラブルについてご教示いただき、さらにはディスカッションを展開して、輸血療法に対する知識・経験のさらなる蓄積・共有を図りたいと企画しております。

 

<募集要項>
・2022年12月4日に東京農工大学にてご発表できる方
・輸血合併症や輸血・献血にトラブルに関するケースレポート
・発表時間は20分(質疑応答含む)
・学術講習会参加費は免除といたします
・スライドはご提出いただき、ハンドアウトとして配布予定です
・当日の発表および討論会は録画を行い、後日配信予定です

 

輸血合併症に関して経験を共有し、討論するということは非常に有益であり、輸血を行う上での合併症の対策や手技などのトラブルシューティングについて皆様とディスカッションできたらと楽しみにしております。獣医師・動物看護師問わず、会員の皆様からの応募を心からお待ちしております。

お申し込みはこちらのフォームよりお願い申し上げます。お申し込みの締切は9月25日(日)までとさせていただきます。

ありがたいことに、応募多数の場合は当研究内で選考させていただく場合がございます。

何かご質問等ございましたら、お気軽に事務局(info@jsvtm.org)までご連絡頂けますと幸いです。