top of page

犬種によるDEA1陽性率の違い

皆様、犬のDEA1の陽性率の犬種による違いはご存じでしょうか?実は犬の血液型は犬種ごとで陽性率に違いがあることがわかっていて、今回ご紹介する論文はカリフォルニア州における犬の血液型の陽性率に関する論文です。

輸血時においてクロスマッチ同様、血液型も適合させることが重要であるため、どのような犬種でDEA1陰性が多いのか、などを知っておくことで迅速で安全な輸血治療を行うことができます。また、この著者が述べているように、犬種ごとの血液型を知ることで、ドナーを探す際にも大いに役立てることができるかもしれません。

ただし、血液型の陽性率は地域ごとに違いがあることもわかっています。そのため、今回ご紹介する論文が必ずしも日本でも同様の結果になるとは限りませんのでご注意ください。日本においても大規模な血液型の調査が期待されます。

(担当: 中村)


カリフォルニア州の犬におけるDEA1陽性率


著者: Anna S Bank, Kate S Farrell, Steven E Epstein.


掲載誌: J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2023 Mar;33(2):267-271. PMID: 36427164


背景: 犬種特異的な犬赤血球抗原(DEA)1の陽性率を評価した研究は世界各国から複数報告されているが、米国における大規模研究はみられない。


主要な結果: 2000年1月から2020年10月までの6469頭の犬を対象とし、全犬種におけるDEA1の総合的な陽性率は61.2%であった。サンプル数が20例以上得られた50犬種のうち、DEA1陽性率が90%以上と高かったものは、バセット・ハウンド、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ブリタニー、ダックスフント、ミニチュア・ピンシャー、ミニチュア・シュナウザー、パグ、ロットワイラーの8犬種であった。一方、DEA1陰性率が90%以上と高かったものは、ボクサー、イングリッシュ・ブルドッグ、フラットコーテッド・レトリーバー、フレンチ・ブルドッグの4犬種であった。サンプル数が5例以上20例未満の犬種ではDEA1陽性あるいは陰性率が100%となることも多かったが、より多くのサンプルを集めて確認する必要がある。なお、性別による統計的な差は認められず、本研究の結果はこれまでに報告された他国のデータと同様な傾向を示していた。


結語: 各地域におけるDEA1陽性率の犬種による違いを知ることは、献血に協力して頂く犬の適切な選択と募集にあたり有用であると思われた。

閲覧数:182回0件のコメント

最新記事

すべて表示

輸血適応疾患の検討: 犬の免疫介在性血小板減少症

前回に引き続き、今回も輸血について直接研究した論文ではありませんが、輸血適応について考えることをテーマとして犬の免疫介在性血小板減少症(ITP)に関する論文を取り上げたいと思います。この2024年5月にACVIMからITPの診断に関するコンセンサスが発表されましたのでITPは現在とても話題性の高い疾患です。 今回紹介する論文の中で、一次性ITPの血小板数は中央値5,500/µL(範囲0-26,00

輸血適応疾患の検討: 犬のセルトリ細胞腫

今回紹介する論文は犬の骨髄抑制を伴うセルトリ細胞腫症例の治療成績を報告したものです。直接的に輸血について研究した論文ではありませんが、セルトリ細胞腫による汎血球減少を呈した症例に対する輸血適応や輸血用血液の準備を考える上で非常に重要と思われます。本文をみると初診時のヘマトクリット値が8.8%の症例もいれば49.3%の症例もいるようで、かなりばらつきはありますが、皆様の日頃の診療の参考になれば幸いで

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

留言


bottom of page