猫の新しい血液型

新年あけましておめでとうございます。今回からしばらくの間は、第5回学術講習会で紹介させて頂いた文献のAbstractを、こちらでも取り上げてみたいと思います。

猫の血液型と言うと、A/Bシステムに基づいた血液型が最も普及していて、その次に有名と思われるものはMikが挙げられます。残念ながらMikは既に試薬が枯渇してしまい、これ以上話題に挙がることは難しいようですが、本論文では5種類の猫の新しい血液型の可能性について言及しています。それらの血液型が溶血性輸血反応を起こすのかなど、臨床的にどう影響してくるのかという点は続報に委ねられていますが、知識のアップデートに必読の一報です。輸血歴のないA型同士の猫でも、なぜ初回からクロスマッチが不適合になることがあるのか、そんな疑問をお持ちの方は是非ご覧下さい。

(担当: 瀬川、久末)


Identification of 5 novel feline erythrocyte antigens based on the presence of naturally occurring alloantibodies

自然抗体に基づく猫の5種類の新たな赤血球抗原の同定


著者: Marie Binvel, Julie Arsenault, Boris Depré, Marie-Claude Blais.


掲載誌: J Vet Intern Med. 2021 Jan;35(1):234-244. PMID: 33336860.


背景: Mik抗原が発見されて以降、A/Bシステム以外の血液型不適合に関する報告が複数認められている。


目的: A/B不適合ではない自然抗体による血液型不適合の発生率を調査し、それらに基づいて猫の赤血球抗原(FEA)を明らかにすることを目的とした。


供試動物: A型の猫258頭を対象とした。


方法: 全て前向き研究として実施した。まず、A型の猫4-6頭をひとグループとしてクロスマッチを行い、自然抗体の有無を調査した。そして、自然抗体を有する猫に関しては、その血漿を試薬として用いて、以降に提供された全ての猫の赤血球とクロスマッチを行い、該当するFEAの保有率を評価した。また、そうして得られた複数のFEAが同一のものでないかどうかも確認した。


結果: A型の猫同士においてランダムに合計1228回クロスマッチを行い、クロスマッチ不適合を48検体(3.9%)認めた。また、少なくとも7%(18頭/258頭)のA型猫は自然抗体を有することが明らかとなった。自然抗体を有する18頭のうち、充分量の血漿を確保できた猫は7頭であり、データ解析の結果、そのうちの3頭の自然抗体は同一のFEAに反応することが推測された。したがって、最終的に5種類の新規FEAを特定したこととなり、A型の猫のFEA1-5抗原保有率は84-96%と比較的高頻度であった。一方、FEA1陽性の猫216頭のうち11頭(5.1%)が何かしらの自然抗体陽性であったのに対し、FEA1陰性の猫は42頭のうち7頭(16.7%)と高頻度に自然抗体が検出されたため、注意が必要と思われた。


結論と臨床的意義: A/Bシステム以外の新規FEAを同定する第一歩を踏み出すことができた。なお、FEA1はその抗原の発現頻度などを考慮すると、実はMikに相当している可能性があるかもしれない。

Fig3より引用。本研究ではクロスマッチの判定にゲルカラム法を用いています。陽性(+)だと遠心後でも赤血球凝集塊がゲルカラム上部に残り、陰性(-)だと赤血球が下部に沈殿しています。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

異種間輸血は通常の場面において選択肢となり得るものではありませんが、犬から猫への異種間輸血は、数十年前から現在に至るまで報告が散見されています。それらの報告における異種間輸血の適応とは、たとえば猫の血液に対して輸血反応を生じたことがある症例、緊急時、血液型が適合した血液製剤を用意できない場合、金銭的に余裕がない場合などが挙げられているようです。 今回紹介する論文は、犬から猫への異種間輸血における、

昨年末、こちらの記事で、回収式による自己血輸血に関する文献の紹介をさせて頂きました。回収式自己血輸血は、回収時に混入した細菌、肺塞栓の原因となり得る脂肪球、あるいは腎機能障害を引き起こす遊離ヘモグロビンなどのデメリットが懸念される為、適応には慎重な判断が求められます。また、本来、回収式の自己血輸血は腫瘍播種リスクが懸念される為、腫瘍性疾患の場合には適応し難いものです。 一方、その他の自己血輸血の選