ISFM 猫の輸血療法ガイドライン 2021

第4回学術講習会の中で、Association of Veterinary Hematology and Transfusion Medicine (AVHTM) が2020年の12月に作成した輸血反応に関するコンセンサス・ステートメントを紹介させて頂きましたが、このたび、International Society of Feline Medicine (ISFM) が猫の輸血療法ガイドラインを発表しました。

当ガイドラインは全20ページ程+動画と大変ボリューム感のあるものですが、Journal clubで紹介できるのは詳細をうかがい知れないAbstractのみであり大変恐縮致します。皆様もこのガイドライン全文をぜひ手に取って頂きたく思いますが、今後の学術講習会などを通じて皆様へ紹介、あるいは当研究会としても日本の現状に即した指針を作成できるように邁進していきたいと思います。今後ともお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。

(担当: 瀬川、久末)


2021 ISFM Consensus Guidelines on the Collection and Administration of Blood and Blood Products in Cats

2021年版 猫の血液製剤の作製および投与に関するISFM総合指針


著者: Samantha Taylor, Eva Spada, Mary Beth Callan, Rachel Korman, Ellie Leister, Paulo Steagall, Remo Lobetti, Mayank Seth, Séverine Tasker

掲載誌: J Feline Med Surg. 2021 May;23(5):410-432.


ガイドラインの意義: 血液疾患の治療を考える上で、臨床家にとって血液製剤が身近なものとなりつつあり、貧血や血液凝固異常症例に対しては救命につながる重要な治療法となる。そのため、ドナーが適切に選ばれていることや、輸血療法により症例の病状の改善が期待できることは必須である。一方、輸血により合併症を生じる場合もあるが、その多くは適切なドナーの管理、レシピエントの適応判断、血液型に関する理解、モニタリングにより防ぐことが可能である。


ガイドラインで取り扱う課題: 輸血療法は救命に直結する治療法であるが、何の準備もなく試みた場合、ドナーやレシピエントにとって有害なものとなりかねない。たとえば、猫は赤血球抗原に対する先天的な同種抗体を有する為、血液型不適合により重篤な輸血反応をひき起こすおそれがある。他にも、輸血療法は感染症をレシピエントに伝播させる危険性がある為、ドナーの感染症検査は必須である。そして、ドナーは健康でなければならず、適切な鎮静処置を行って血液を安全かつ無菌的に採取することが、レシピエントに最善な結果をもたらす。また、自己血輸血と異種間輸血は、特定の状況下で考慮される。


ガイドラインの科学的根拠: 国際猫医学会 (ISFM) により組織された小委員会が、文献情報に基づいて当ガイドラインを作成した。血液型判定、クロスマッチ、輸血採血、輸血方法に関して、このガイドラインが臨床家に有益な情報をもたらすことを期待したい。



51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心不全と輸血のリスク

輸血関連循環過負荷 (Transfusion associated circulatory overload: TACO)は、特に患者の心、腎、肺機能が低下している場合、輸血による過剰な容量負荷が心原性肺水腫を起こし、呼吸困難をきたす病態とされています。犬や猫の高齢化に伴い、弁膜症や肥大型心筋症の罹患率が増加している現在、TACOは致死的な輸血副作用の中でも遭遇頻度が高く、警戒すべき病態と個人的に

回収式による自己血輸血

今回は、先日の第3回学術講習会の塗木先生のご講演でも話題に挙がっていた自己血輸血に関する論文です。自己血輸血は術前血液希釈式、回収式ならびに貯血式の三種類にわけられ、回収式はさらに洗浄式と非洗浄式に細分類されます。 動物病院で最も多く行われている自己血輸血は、恐らく血腹症例に対する非洗浄式の回収式自己血輸血と思われますが、その血液の中には合併症の原因となる物質が少なからず含まれています。たとえば、