top of page

イヌに対するヒト-アルブミン製剤の投与

更新日:2023年8月17日

読者の皆様はヒトーアルブミン製剤の使用経験はございますか?異種蛋白である為、安易な使用は避けるべきですが、近年、国内外からこの血液製剤の使用に関する報告が散見されています。当研究会としても、今後このヒトーアルブミン製剤の使用について議論をしていく必要があるかもしれません。今回は、この血液製剤の副反応にフォーカスを当てた論文のabstractをご紹介したいと思います。(担当:吉田、瀬川、呰上)

※2020年9月更新※

蛋白漏出性腸症のイヌに25%ヒト-アルブミン製剤を投与した21症例の回顧的評価


著者:Loyd KA, Cocayne CG, Cridland JM, Hause WR

掲載誌:J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2016 Jul;26(4):587-92. PMID:27159733

目的:特発性炎症性腸疾患(IBD)かつ蛋白漏出性腸症(PLE)と診断した犬に対する25%ヒト-アルブミン製剤(HSA)の投与を検討した。さらに、25%HSA投与による急性もしくは遅発性の副反応の発症、および副反応の発症予防に対するコルチコステロイドの有効性を調査した。

方法:二次診療施設における2003年から2013年までの回顧的研究

対象:IBDかつPLEと診断され、25%HSAを投与されたことのある犬21頭を対象とした。これらの21症例は、血清アルブミンが1.5g/dL未満もしくは体腔内液体貯留を伴う低タンパク血症を認め、病理学的に特発性IBDと診断され、診察記録が揃っているものを本研究に組み入れることとした。

結果:21頭中2頭(9.5%)が急性副反応を呈し、そのうちの1頭は重症であったため安楽死された。また、別の2頭(9.5%)は遅発性副反応を示し、そのうちの1頭は副反応が起こった5日後に安楽死された。しかしながら、この安楽死が遅発性副反応に起因したものかは不明である。コルチコステロイド投与は副反応の発症予防に明らかな効果はみられなかった。

結論:中程度もしくは重度の低タンパク血症を伴うPLEの犬に25%HSAを投与した場合、急性もしくは遅発性副反応が起こり、発症頻度は高くないものの、重症もしくは致命的になり得ることがこの回顧的研究によって示唆された。

閲覧数:2,027回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クロスマッチとクームス血清

獣医療で一般的に行われているクロスマッチは、主にIgMによる不適合輸血を防ぐ目的で行われています。一方、医療ではIgGによる不適合輸血を回避する目的で、クームス血清を用いて検査感度を高めた「間接抗グロブリン試験」もあわせて実施しています。なぜクームス血清を用いるかは皆さまご存じのことと思われますが、IgG単体では赤血球凝集を引き起こすことができない=クロスマッチで検出できないとされているからです。

猫にもボンベイ型?

今回ご紹介する論文は猫の血液型に関するものですが、かなりマニアックな内容となっています。まずは猫の血液型についておさらいしましょう。血液型は通常、赤血球膜上の抗原の種類によって血液型が決定します。猫の場合、赤血球膜上にA抗原があればA型、B抗原があればB型、A抗原とB抗原両方あればAB型となります。しかし今回論文で紹介されている猫の症例は、人間のO型のようにA抗原やB抗原が検出されなかったというの

猫の血液と微小凝集塊除去フィルター

犬に輸血を行う場合、ある程度の輸血量になることが多いので血液バッグ+輸血セットの組み合わせになることが多いと思います。この輸血セットには点滴筒の上部に直径175-210μm(テルフュージョン®の場合)のろ過網が付いていて、比較的大きな凝集塊を除去する目的で使用されます。 一方、猫に輸血を行う場合は輸血量が50mL程度と少ないことがほとんどなので、採血した血液を分離バッグなどに移して輸血を行うか、シ

bottom of page