top of page

輸血の4時間ルール

細菌増殖リスクが高まることから輸血は通常4時間以内に終了させるように、という通称「4時間ルール(The 4-h rule)」はご存知でしょうか?これは医学の特に赤血球輸血において70年前から言われているルールのようで、犬や猫の輸血療法においてもその概念は外挿されています。

しかしながら現代では赤血球保存液などの進歩により、医学では4時間ルールを見直す動きも出てきているようです。そこで、今回紹介する文献は犬の血漿輸血を室温で12時間かけて実施した場合、細菌増殖リスクが高まるかどうか、そして血漿輸血としての有効性が維持できているかどうかを調べたものです。

結論としては、12時間かけて輸血を行ったとしても大きく品質が損なわれることはなかったようなので、たとえば心機能が低下していて緩徐に輸血を行わなければならないような症例にとっては心強いエビデンスとなりました。赤血球輸血に関しても同様な研究を期待したいところですが、本文もぜひご一読頂ければと思います。

(担当: 瀬川)


室温で12時間かけて犬の血漿輸血を行った場合の細菌汚染リスク、アルブミン濃度や凝固因子の安定性への影響評価


著者: Ignacio Mesa-Sanchez, Rui R F Ferreira, Carles Blasi-Brugué, Rafael R de Gopegui, Augusto J F de Matos

掲載誌: J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2023 Sep-Oct;33(5):534-539. PMID: 37551052


目的: 室温で12時間かけて犬の血漿輸血を行った場合の細菌増殖リスクやアルブミン、凝固因子の安定性を評価すること。


研究デザイン: Ex vivo研究


研究施設: 大学附属動物病院と動物用血液バンク


供試動物ならびに実験介入: なし


研究方法: 犬に新鮮凍結血漿を輸血する際の手技を生体外で再現して研究を実施した。輸血開始時(H0)、4時間後(H4)、12時間後(H12)の時点で血漿サンプルを採取し、細菌培養検査、アルブミン濃度測定、凝固第V、VII、VIII、IX因子活性測定を行った。


主要な結果: 細菌培養検査は全検体陰性であった。第VIII、IX因子活性とアルブミン濃度はいずれの血漿サンプルも有意差がみられなかった(第VIII因子活性: H0 中央値105.5% [範囲75.6-142.0%]; H4 中央値107.8% [範囲75.0-172.7%]; H12 中央値112.1% [範囲81.7-171.0%]、第IX因子活性: H0 中央値119.3% [範囲89.1-175.9%]; H4 中央値123.1% [範囲72.5-172.7%]; H12 中央値118.3% [範囲86.6-177.5%]、アルブミン濃度: H0 中央値21.0 g/L [範囲17.0-23.0 g/L]; H12 中央値20.0 g/L [範囲17.0-24.0 g/L] )。一方、わずかではあるが第V因子活性はH0と比較してH4とH12が有意に増加した(H0 中央値107.0% [範囲71.0-159.0%]; H4 中央値117.7% [範囲71.0-176.7%], P=0.002; H12 中央値116.2% [範囲71.0-191.6%], P=0.001)。また、第VII因子活性はH0よりH4、H4よりH12の方が有意に増加した(H0 中央値115.4% [範囲70.6-183.7%]; H4 中央値118.2% [範囲82.7-194.6%], P=0.005; H12 中央値128.7% [範囲86.4-200.0%], P=0.002)。


結論: 室温で12時間かけて血漿輸血を行ったとしても、細菌増殖リスクやアルブミン、凝固因子の安定性という点で臨床上問題となるものはないように思われた。

閲覧数:204回0件のコメント

最新記事

すべて表示

輸血適応疾患の検討: 犬のセルトリ細胞腫

今回紹介する論文は犬の骨髄抑制を伴うセルトリ細胞腫症例の治療成績を報告したものです。直接的に輸血について研究した論文ではありませんが、セルトリ細胞腫による汎血球減少を呈した症例に対する輸血適応や輸血用血液の準備を考える上で非常に重要と思われます。本文をみると初診時のヘマトクリット値が8.8%の症例もいれば49.3%の症例もいるようで、かなりばらつきはありますが、皆様の日頃の診療の参考になれば幸いで

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

献血ドナーリクルートの障壁

犬や猫における献血を成功に導くために、まずはご家族の献血に対する認知度を高める必要があることは以前のJournal clubで紹介させて頂きました。今回は同じ研究グループが、ドナーの継続性に関して何が障壁となっているのかを解析した報告です。 以下に示したAbstractの中では大まかな分類でしか示されていないのですが、ドナー登録や継続がうまくいかない理由として「疾病によるもの」は肝疾患、心疾患、慢

Comments


bottom of page