アルファキサロンを用いた猫の献血採血

皆様は猫の献血採血時に鎮静処置を行う場合、静注、筋注などの投与経路、そして使用する薬物などの鎮静プロトコルを病院内で決めているでしょうか?本研究では、猫の献血採血時の鎮静方法を二つのプロトコルで検討した内容となっています。身近な鎮静剤を組み合わせた研究報告ですので、明日からの診療に繋がれば幸いです。

(担当: 仙波、瀬川、青木)


Comparison of two intramuscular sedation protocols on sedation, recovery and ease of venipuncture for cats undergoing blood donation.

猫の献血採血時において、2種類の筋注鎮静プロトコルを用いた場合の鎮静の程度、覚醒および静脈穿刺のしやすさの比較


著者: Reader RC, Barton BA, Abelson AL.

掲載誌: J Feline Med Surg. 2019 Feb;21(2):95-102. PMID: 29512429

目的: 2種類の筋注鎮静プロトコル (アルファキサロン・ブトルファノール: AB、デクスメデトミジン・ブトルファノール: DB) を猫の献血採血時に使用し、鎮静の程度、覚醒および静脈穿刺のしやすさを比較すること

研究デザイン: 無作為割付、盲検、クロスオーバー、実験的研究

対象動物: 一般家庭で飼育されている10頭の健康な猫

方法: AB (アルファキサロン2mg/kg、ブトルファノール0.2mg/kg) あるいはDB (デクスメデトミジン10μg/kg、ブトルファノール0.2mg/kg) により鎮静処置を施して献血採血を行った。そして、どちらのプロトコルで鎮静されているかを知らされていない評価者が、筋注時の反応、鎮静の程度、覚醒に要する時間を評価した。具体的な評価項目として、横臥している時間、静脈穿刺を試みた回数、採血に要した時間、腹臥状態に復帰した時間を測定した。また、消化器症状の有無も記録した。なお、全血53mLを最大献血量とし、採血には3-22分程度の時間を要した。採血後は乳酸加リンゲル液を100mL皮下点滴した。飼い主にもどちらのプロトコルで鎮静しているかを知らせない状態で、鎮静処置後の様子をアンケート評価した。

結果: 両群とも筋注時にトラブルはみられなかった。鎮静中の様子 (P=0.30) や行動 (P=0.06) に差は認められなかった。AB群と比較してDB群は有意に筋緊張を緩和させた (P=0.03)。横臥時間 (P=0.12)、静脈穿刺を試みた回数 (P=0.91)、採血に要した時間に有意差は認められなかった (P=0.29)。また、simple descriptive scoresを用いた鎮静からの回復の評価 (P=0.18)、鎮静後24時間以内の飼い主によるアンケート評価に有意な差は認められなかった。ただし、DB群で投与後に1例嘔吐を認めた。

結論: 猫の献血採血時にブトルファノールと組み合わせて筋注により鎮静を試みる場合、アルファキサロンはデクスメデトミジンの適切な代替薬になり得ると思われた。




閲覧数:517回0件のコメント

最新記事

すべて表示

異種間輸血は通常の場面において選択肢となり得るものではありませんが、犬から猫への異種間輸血は、数十年前から現在に至るまで報告が散見されています。それらの報告における異種間輸血の適応とは、たとえば猫の血液に対して輸血反応を生じたことがある症例、緊急時、血液型が適合した血液製剤を用意できない場合、金銭的に余裕がない場合などが挙げられているようです。 今回紹介する論文は、犬から猫への異種間輸血における、

昨年末、こちらの記事で、回収式による自己血輸血に関する文献の紹介をさせて頂きました。回収式自己血輸血は、回収時に混入した細菌、肺塞栓の原因となり得る脂肪球、あるいは腎機能障害を引き起こす遊離ヘモグロビンなどのデメリットが懸念される為、適応には慎重な判断が求められます。また、本来、回収式の自己血輸血は腫瘍播種リスクが懸念される為、腫瘍性疾患の場合には適応し難いものです。 一方、その他の自己血輸血の選