top of page

犬の輸血に用いる留置針の径

更新日:2023年8月17日

点滴、抗がん剤投与、輸血など、留置針は日常診療において欠かせない道具でありますが、留置針の径は日頃どのように選択されていますか?日本は小型犬が多いので24ゲージなど細い留置針を選択する場面が多いように思いますが、今回ご紹介する論文は留置針の径と輸血速度が輸血用赤血球の溶血に及ぼす影響について調査したものです。

結論として、輸血速度はどれだけ早くしても溶血の有意な悪化はみられなかったようですが、留置針の径は大いに影響を及ぼしたとあります。具体的には、たとえばベースラインで72%あった濃厚赤血球液のヘマトクリットが、16ゲージの留置針を通すと68%、24ゲージの留置針を通すと50%まで減少したそうです。

比較的長期間保存している濃厚赤血球液であるため溶血しやすいセッティングではあること、そして上清の遊離ヘモグロビンを測定して溶血の程度を正確に評価したわけではないことなど、本研究を解釈する上で注意すべき点はあります。しかしながら、日頃何気なく選択している留置針の径について、輸血の際には再考する必要があるかもしれません。本文もぜひご覧下さい。

(担当: 瀬川)


輸血速度と留置針の径が犬の濃厚赤血球液の溶血に及ぼす影響


著者: Luis F Perez, Brett Darrow.


掲載誌: J Am Vet Med Assoc. 2023 Jan 25;261(4):544-550. PMID: 36701221


目的: 留置針の径や輸血速度が犬の濃厚赤血球液の溶血に及ぼす影響を評価すること


実験対象: 28日間保存後の犬の濃厚赤血球液(※)


方法: 留置針の径を5種類(16、18、20、22、24ゲージ)、輸血速度も5通りの方法(50、250、500、750、999mL/h)を設定して実験を行った。なお、実際に生体に輸血するのではなく、留置針の先端から直接、検査用の採血管に滴下して採材し、赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、CPK、リンの値により溶血の程度を評価した。


結果: 対照群と比較して、輸血速度はいずれも明らかな溶血を引き起こしていなかった。一方、留置針が細くなるほど上記の評価指標が悪化傾向にあったため、溶血が起きたものと思われた(P<0.05)。


臨床的意義: 貧血や出血の治療手段として、輸血療法は獣医療においても一般的に用いられている。今回の研究により留置針が細くなるほど溶血の程度に悪影響を及ぼすことが明らかとなったため、輸血の際は可能であれば太い留置針を選択することが望ましいと思われた。


※訳者注: Abstractでは「A fresh unit of canine RBCs(新鮮な犬の濃厚赤血球液)」とありましたが、本文では28日間保存した犬の濃厚赤血球液を用いたと記載していたため、そのように修正致しました。

閲覧数:147回0件のコメント

最新記事

すべて表示

輸血適応疾患の検討: 犬の免疫介在性血小板減少症

前回に引き続き、今回も輸血について直接研究した論文ではありませんが、輸血適応について考えることをテーマとして犬の免疫介在性血小板減少症(ITP)に関する論文を取り上げたいと思います。この2024年5月にACVIMからITPの診断に関するコンセンサスが発表されましたのでITPは現在とても話題性の高い疾患です。 今回紹介する論文の中で、一次性ITPの血小板数は中央値5,500/µL(範囲0-26,00

輸血適応疾患の検討: 犬のセルトリ細胞腫

今回紹介する論文は犬の骨髄抑制を伴うセルトリ細胞腫症例の治療成績を報告したものです。直接的に輸血について研究した論文ではありませんが、セルトリ細胞腫による汎血球減少を呈した症例に対する輸血適応や輸血用血液の準備を考える上で非常に重要と思われます。本文をみると初診時のヘマトクリット値が8.8%の症例もいれば49.3%の症例もいるようで、かなりばらつきはありますが、皆様の日頃の診療の参考になれば幸いで

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

Comments


bottom of page