top of page

猫の輸血用血液製剤の保存

更新日:2023年8月17日

猫は犬と異なり採血量が極端に少なく、保存に適した血液バッグが日本国内では市販されていないことから、血液製剤の保存は課題の多い分野です。今回は、抗凝固剤にCPDA-1を用いた猫の閉鎖式輸血採血ならびに保存が可能なキットを用いて、血液製剤保存後の品質を検討した論文のabstractを紹介したいと思います。(担当:仙波、瀬川、丸山)

CPDA-1で抗凝固処理した猫の輸血用血液製剤の品質評価について

著者:Crestani C, Stefani A, Carminato A, Cro A, Capello K, Corrò M, Bozzato E, Mutinelli F, Vascellari M

掲載誌:J Vet Intern Med. 2018 May;32(3):1051-1059. PMID:29635743

背景: 猫の輸血採血法は、注射シリンジによる開放式採血が一般的である。この開放式により得た血液は保存血液としては適していないため、新鮮全血として使用していることが一般的である。

目的: 猫用に設計された閉鎖式輸血採血キット(TEC 724 Kit, Futurlab Srl)を用いて猫から採血し、4℃で35日間保存した血液製剤の品質評価をすること。

供試動物: 体重5-6.8kgの健康な成猫8頭

方法: 抗凝固剤にCPDA-1が使用されている本キットで採血した猫の血液製剤を35日間保存し、細菌感染の有無、CBC、血液塗抹、pH、浸透圧脆弱性、赤血球の代謝能の指標である2,3-DPG、ATPを1日目から35日まで週1回検査した。また、血漿の溶血指数、乳酸濃度、カリウム濃度、PT、APTT、フィブリノゲン濃度を測定した。

結果: 8検体中、1検体でSerratia marcescensの増殖が35日目に確認された。CBC、赤血球形態、pH、浸透圧脆弱性の検査では明らかな変化は認められなかった。一方、個体差が大きく、初期から低値を示す個体もいたが、2,3-DPG、ATPは有意に低下し、溶血指数、乳酸濃度、カリウム濃度は有意に増加していた。

結論: 今回使用したキットは、猫の輸血用採血ならびに保存に適していることが明らかとなった。猫の輸血用血液製剤の保存期間中の品質を維持することは、猫の輸血療法の発展にとって必要不可欠である。

閲覧数:736回0件のコメント

最新記事

すべて表示

輸血適応疾患の検討: 犬のセルトリ細胞腫

今回紹介する論文は犬の骨髄抑制を伴うセルトリ細胞腫症例の治療成績を報告したものです。直接的に輸血について研究した論文ではありませんが、セルトリ細胞腫による汎血球減少を呈した症例に対する輸血適応や輸血用血液の準備を考える上で非常に重要と思われます。本文をみると初診時のヘマトクリット値が8.8%の症例もいれば49.3%の症例もいるようで、かなりばらつきはありますが、皆様の日頃の診療の参考になれば幸いで

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

献血ドナーリクルートの障壁

犬や猫における献血を成功に導くために、まずはご家族の献血に対する認知度を高める必要があることは以前のJournal clubで紹介させて頂きました。今回は同じ研究グループが、ドナーの継続性に関して何が障壁となっているのかを解析した報告です。 以下に示したAbstractの中では大まかな分類でしか示されていないのですが、ドナー登録や継続がうまくいかない理由として「疾病によるもの」は肝疾患、心疾患、慢

댓글


bottom of page