top of page

輸血適応疾患の検討: 猫の尿道閉塞

今回紹介する論文は、猫の尿道閉塞と輸血に関するものです。タイトルだけみた際、個人的な経験則では尿道閉塞と輸血は直接的に結びつかないように思ったのですが、やはり本文をみても尿道閉塞の症例に輸血を実施するケースは2.1%と低頻度でした。

しかしながら、会陰尿道造瘻術を行う症例は輸血実施について警戒する必要があり、輸血が必要な症例は残念ながら死亡退院となる危険性が高まるなど、重篤な症例ほど輸血適応が無視できないと言える結果でもありました。複雑化する病態をクリアにする為、支持治療である輸血療法で足を引っ張られないように日頃から準備を進めていきましょう。

(担当: 瀬川)


尿道閉塞と輸血: 猫575頭の回顧的研究


著者: Francesca P Solari, Megan A Mickelson, James Bilof, Adesola Odunayo, Jourdan B McPhetridge, Valery F Scharf, Lingnan Yuan, Jonathan P Mochel, Rebecca A Walton.


掲載誌: J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2024 May-Jun;34(3):262-267. PMID: 38728082


目的: 猫の尿道閉塞症例における輸血の実施率ならびに輸血適応となるリスク因子を評価すること。また、輸血を実施した症例とそうでない症例の入院期間を比較することも目的とした。


研究デザイン: 多施設共同で2009-2019年のカルテ情報を回顧的に解析した。


研究拠点: 北米の大学附属動物病院4施設


研究対象: 尿道閉塞622件(猫575頭)


介入: 無し


方法と結果: 重度貧血(PCV20%未満)を呈しているケースは1.0%(622件中6件)であり、入院中に輸血を実施したケースは2.1%(622件中13件)であった。また、輸血を実施した猫は体重が軽い傾向にあり(4.9 vs 5.8 kg; P = 0.034)、初診時のPCVがより低かった(30% vs 41%; P < 0.001)。入院期間(240 vs 72時間)および尿道カテーテル留置期間(168 vs 48時間)は輸血を実施した猫の方で有意に長かった(P < 0.001)。一方、クレアチニン濃度は輸血実施と関連性がなかったが、輸血を実施した猫はBUNがわずかに高い傾向にあった(43 mg/dL vs 33 mg/dL; P = 0.043)。会陰尿道造瘻術を実施した猫は手術をしていない猫と比較して輸血実施率が高かった(5.5% vs 0.97%; P < 0.001)。症例全体の生存退院率は96%であったが、輸血を行っていない猫は有意に生存退院率が高かった(オッズ比14.7, 95%信頼区間: 1.8-37; P < 0.001)。


結論: 尿道閉塞を呈した猫が重度貧血を呈して輸血が必要となる場面は少なかった。しかしながら、輸血を実施した症例については死亡退院率が高まる傾向にあり、輸血適応であることは予後不良因子であることが示唆された。また、会陰尿道造瘻術が必要な症例は輸血実施率が高く注意が必要である。

閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

輸血適応疾患の検討: 犬の免疫介在性血小板減少症

前回に引き続き、今回も輸血について直接研究した論文ではありませんが、輸血適応について考えることをテーマとして犬の免疫介在性血小板減少症(ITP)に関する論文を取り上げたいと思います。この2024年5月にACVIMからITPの診断に関するコンセンサスが発表されましたのでITPは現在とても話題性の高い疾患です。 今回紹介する論文の中で、一次性ITPの血小板数は中央値5,500/µL(範囲0-26,00

輸血適応疾患の検討: 犬のセルトリ細胞腫

今回紹介する論文は犬の骨髄抑制を伴うセルトリ細胞腫症例の治療成績を報告したものです。直接的に輸血について研究した論文ではありませんが、セルトリ細胞腫による汎血球減少を呈した症例に対する輸血適応や輸血用血液の準備を考える上で非常に重要と思われます。本文をみると初診時のヘマトクリット値が8.8%の症例もいれば49.3%の症例もいるようで、かなりばらつきはありますが、皆様の日頃の診療の参考になれば幸いで

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

Comments


bottom of page