Dal陽性率と遺伝形式

更新日:2019年9月9日

比較的新しい血液型抗原の「Dal」のことは皆様ご存知でしょうか?残念ながら日本国内ではルーチンに測定できない血液型ではありますが、多くのドナー犬がDal陽性である一方、日本で人気犬種のシーズーはDal陰性であることが多いようです。シーズーに二度目以降の輸血を考える場合、クロスマッチ不適合が続く場合はDalが原因かもしれません。今回は、そのような論文のabstractを紹介したいと思います。

(担当:中村、瀬川、近江)


Prevalence and Mode of Inheritance of the Dal Blood Group in Dogs in North America.

犬の血液型抗原Dalの陽性率と遺伝形式

著者:Goulet S, Giger U, Arsenault J, Abrams-Ogg A, Euler CC, Blais MC

掲載誌:J Vet Intern Med. 2017 May;31(3):751-758. PMID:28391649


背景:犬における新規血液型抗原のDalは、Dal(-)のダルメシアンがDal(+)の犬からの輸血によって10年前に偶発的に確認された。同様のDal抗原不適合は、上記以外のダルメシアン、ドーベルマン、およびその他の犬種でも考えられている。

目的:犬の血液型抗原Dalの陽性率と遺伝形式の調査。

対象:本調査は2008年から2015年の期間に北米にて行われた。調査対象はダルメシアン128頭、ドーベルマン432頭、シーズー21頭、およびその他の犬種549頭(ドナー犬228頭を含む)の合計1130頭とした。

方法:犬ポリクローナル抗Dal血清を用いたゲルカラム法により、Dal陽性率を前向き調査した。また、家系調査を8系統行った。

結果:地域によって異なるが、Dal(+)はダルメシアンで85.6〜100%、ドーベルマンで43.3〜78.6%であった。Dal(-)は概ねダルメシアンで11.7% (15/128頭)、ドーベルマンで42.4%(183/432頭)、シーズーで57.1% (12/21頭)であり、その他には雑種犬2.5%(3/122頭)、ラサアプソ(1/6頭)、ビションフリーゼ(1/3頭)で散発的に確認された。ダルメシアンとドーベルマンのドナー犬および上記228頭のその他の犬種のドナー犬の中では、5頭のドーベルマンを含む6/245頭(2.4%)だけがDal(-)であった。Dal抗原の遺伝形式は常染色体優性であった。

結論および臨床的意義:多くのドナー犬がDal(+)であることから、Dal(-)の割合が高いドーベルマン、ダルメシアン、シーズーでは、輸血によって感作される危険性が示唆された。したがって、これらの犬種において初回輸血後に血液型不適合の問題が発生する場合、血液型抗原Dalの判定を推奨する。


閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

異種間輸血は通常の場面において選択肢となり得るものではありませんが、犬から猫への異種間輸血は、数十年前から現在に至るまで報告が散見されています。それらの報告における異種間輸血の適応とは、たとえば猫の血液に対して輸血反応を生じたことがある症例、緊急時、血液型が適合した血液製剤を用意できない場合、金銭的に余裕がない場合などが挙げられているようです。 今回紹介する論文は、犬から猫への異種間輸血における、

昨年末、こちらの記事で、回収式による自己血輸血に関する文献の紹介をさせて頂きました。回収式自己血輸血は、回収時に混入した細菌、肺塞栓の原因となり得る脂肪球、あるいは腎機能障害を引き起こす遊離ヘモグロビンなどのデメリットが懸念される為、適応には慎重な判断が求められます。また、本来、回収式の自己血輸血は腫瘍播種リスクが懸念される為、腫瘍性疾患の場合には適応し難いものです。 一方、その他の自己血輸血の選