top of page

Dal抗原によるクロスマッチ不適合

更新日:2023年8月17日

昨年12月にDal抗原のモノクローナル抗体が開発されたことを記事にしましたが、今月はDal抗原に関してだいぶ苦労されている症例報告を紹介したいと思います。2回目の輸血前のクロスマッチにおいて、なんと10頭以上とクロスマッチしてようやく適合ドナーが2頭だけみつかったそうですが、その原因は症例がDal陰性だったからという報告です。

皆様も複数回目の輸血時、DEA1.1は適合させているはずなのにクロスマッチがあわない、というような経験があるのではないでしょうか?Dalは日本では判定できない血液型であるだけに、知識として把握しておかないと説明のつかない輸血副反応に遭遇する危険性があります。特に日本でも人気犬種であるシーズーはDal陰性の確率が高いとされていますので、ご注意ください。

(担当: 瀬川)


フォンウィルブランド病とエーリキア症に罹患したDal陰性ドーベルマンにおけるクロスマッチ不適合


著者: Andreza Conti-Patara, Thandeka R Ngwenyama, Linda G Martin, K Jane Wardrop.


掲載誌: J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2021 Mar;31(2):274-278. PMID: 33119193


目的: フォンウィルブランド病、エーリキア症、非再生性貧血、そしてDal抗原によるクロスマッチ不適合を呈した重症例の経過を述べることを目的とした。


症例概要: 13週齢、未去勢、体重7.2kgのドーベルマンが出血傾向ならびに進行性の非再生性貧血を主訴に救急診療科へ来院した。なお、重篤な貧血により来院8日前に新鮮全血輸血を実施されていた。来院時は頻拍かつ可視粘膜色が蒼白であり、CBCではPCV11%と非再生性貧血を呈していた。犬種からフォンウィルブランド病であることが疑われ、後になってフォンウィルブランド病であることを確認した。症例の血液型はDEA1.1陽性であったが、DEA1.1陽性、陰性の赤血球製剤を4検体用意しても、すべてクロスマッチ不適合の結果であった。そこで、Dal抗原に対する同種抗体を有していることが疑われ、11頭のダルメシアンとドーベルマンをドナーとしてクロスマッチを行ったところ、そのうち2頭だけが適合となった。そのドナーからの献血により特に問題なく新鮮全血輸血を行うことができ、骨髄検査により骨髄の細胞充実度の低下、赤芽球系低形成の結果を得た。また、SNAP4DxPlusおよびPCR検査によりEhrlichia ewingii、E. canisが陽性であった為、ドキシサイクリンによる治療を開始した。退院時のPCVは17%、さらに一週間後の再診時にはPCV24%まで改善し、一般状態は良好であった。


症例から得られた知見: 本症例はフォンウィルブランド病による出血傾向、エーリキア症による非再生性貧血、そしてDal抗原によるクロスマッチ不適合など、複数の難解な病態を呈していた。ドーベルマンはフォンウィルブランド病やDal陰性である可能性が相対的に高く、クロスマッチを実施することや犬種による血液型抗原の保有率の違いを把握しておくことの重要性が再認識された。


閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

腹腔内出血と輸血適応判断基準

これまでにも何度か腹腔内出血と輸血に関する記事をあげてきたように、腹腔内出血は遭遇する頻度の高い病態であり、同時に輸血適応の判断が速やかに求められる病態でもあります。一方、腹腔内出血時の輸血適応判断は各獣医師の経験則に基づくところが大きく、輸血適応の基準に関して科学的に検討されている報告は多くありません。 そこで、ご存じのように急性出血時にPCVが減少するまでには数時間要することがあると言われてい

献血ドナーリクルートの障壁

犬や猫における献血を成功に導くために、まずはご家族の献血に対する認知度を高める必要があることは以前のJournal clubで紹介させて頂きました。今回は同じ研究グループが、ドナーの継続性に関して何が障壁となっているのかを解析した報告です。 以下に示したAbstractの中では大まかな分類でしか示されていないのですが、ドナー登録や継続がうまくいかない理由として「疾病によるもの」は肝疾患、心疾患、慢

クロスマッチとクームス血清

獣医療で一般的に行われているクロスマッチは、主にIgMによる不適合輸血を防ぐ目的で行われています。一方、医療ではIgGによる不適合輸血を回避する目的で、クームス血清を用いて検査感度を高めた「間接抗グロブリン試験」もあわせて実施しています。なぜクームス血清を用いるかは皆さまご存じのことと思われますが、IgG単体では赤血球凝集を引き起こすことができない=クロスマッチで検出できないとされているからです。

Comments


bottom of page